◆ 連載第5回 ◆
叫んでもいいスか?の巻

(前回までのあらすじ)
 ミウア川にて、新種と思われるアピスト幼魚を採集した、私こと「まる」とその一行。親サイズを採ろうと意気込む「まる」の前に「青いヤツ」こと毒蛇が・・。噛まれたら大事で、マル、ピーンチ!!!!にらみ合ったまま、双方動けず、まさに、”先に動いた方が死ぬ”状態(?)そこに・・・。

 

 

 バッチャーン!!
 後ろで、大きな音がした。「ヤツ」から注意をそらさぬように振り返ると、K君が足を踏み外したのか、浅瀬に落ちていた。その大きな音にびっくりしたのか、「ヤツ」はするすると木の枝を登って林の中へと姿を消した。ホッとした。K君に救われたかんじになったわけであるが、さらにこの後、この旅一番のK君からの贈り物を受け取ることになる。
 結局このポイントも、あまり成果は上がらず、次の場所へと移動することになった。すぐとなりのポイントで採集と相成ったわけだが、このポイントは岸辺の勾配がきつく(30cmぐらい)、かなり広範囲に渡るポイントで、早速皆さん採集にはいる。
 午後前半にアピストを採るには採ったが、それ以来さっぱりダメな私は、ちょっと採集方法を考え直すことにした。他の皆さんは、そこそこアピストを採っている。居ないわけではないのだ。要は僕の採集方法が悪いのだ。こんなときは・・・、そう!昨日の、ロートカイルの時に行った、ハイエナ戦法だ!!!

 早速、K君の後を網で掬って追いかける。すると3回目で・・・。何か大きいのが網に入った!?サカナだ・・・。アピストだ・・・。でもこんなに大きいのはこの旅では僕は採ってないぞ・・・。でも間違いなくアピストだ。顔が青いのが分る。混乱気味の思考をついて出た言葉が、「大きい成魚が採れた」という小さな声だった。
「うそ!?見せて!!」すぐそばの(ハイエナ対象者だから当たり前なのだが)K君が寄ってくる。まだ、網の中のそいつを見てK君、「でけー!キレー!」と興奮気味。僕はやっと現状が把握でき、嬉しさが込み上げてきた。だが、なぜか冷静になり、更に寄って来たOさんとK君に向かって
「叫んでもいいスか?」と聞いた・・・。
「いいよ!いいよ!」「そうそう!やったよねー。」まわりのほうが興奮気味。
「やったぞコラーッ!」「採ったぞコラーッ!」「成魚だコラーッ!」
・・・なぜ語尾に「コラーッ」がついたのか良く分らなかったが、そのくらい混乱、興奮、狂喜していたのだ。途端に採集隊の注目が集まる。
「成魚ー!?」 「おそらくー!」
「誰が採ったのー!?」「まる!でーす!」
「大きさはー!?」 「約6cm!!」皆さん集まって来るようで、声がだんだん近くなる。

 ガイドのYさんが、船を近くに着けて、船上から見せてくれと声をかけてきた。僕はその時、まだそいつが網の中にいることに気付き、とりあえず何か入れ物に入れてくださるよう頼んだ。一匹にしては大きすぎるビニール袋に入れてもらい。Yさんにゆだねた。
「ほー!でか’い’!! ’す’ごいですねえ!!」
Yさん独特のイントネーションでその個体の感想を語る。YSさん、S師匠、Oさん、いろんな方が次々に見る。僕も反対側から、そいつを初めてじっくりと見る。
 メタリックブルーの乗った顔、大きめの唇、体を通る2本の太いラインに回りはややオレンジ色がかる。ややギザギザの大きめの背鰭にすらりと伸びた腹ビレ。そして、尾ビレは白地に細かいスポット?の入るラウンドテール!!
「新種だね。」皆さん、こう結論付けた。
「成魚はこうゆう風になるのか。よし俺も採るぞ!」といって再び採集に入る皆さん。中でもオカマを掘られた?K君は相当悔しいらしく、気合いを入れて採集に入った。
 そんな中、YSさん、採集に行かずじっとそいつを見て、
「これ人気出るよぉー、絶対。」と僕に語りかける。(様に感じた。)改めて、自分がとった喜びがわいてきた。

 一発決めると波に乗るもので、その後何回かの採集で、5cm弱の比較的大きい個体を筆頭に、合計して13匹の”sp.ミウア”を採集することができた。だが、成魚個体は結局僕が採った1個体のみで後は誰も採れなかった。貴重な個体になったのである。
 K君も、Nさんらと協力して百匹近い”sp.ミウア”を採ったのだが、いずれも4cm以下の個体ばかりだった。S師匠も、「広告にギリギリ乗せられそうな個体を採ったから、まあいいか。」というような様子でやや後ろ髪を引かれながらだが、ミウア川を後にする。
 僕は、昨日とはうって変わった成果にお腹一杯状態で、大満足の一日を過ごしたと思って、満面の笑みを浮かべていた。だが、好事魔多し。勝って兜の緒を締めろ。のことわざの通り、最終的に「まる」を反省させる出来事が起こったのである。(つづく)

 

 

(次回予告)
 あっと驚く大逆転に浮かれてお腹一杯の「まる」。「まる」の旅の本当の目的を完全に見失っている・・・。
 次回は最終回。「アピスト採集の心得」にご期待ください。

 
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ]
 


ADH = Aquarium Design Hanamura : hanamura@aquarium.design.co.jp